wine glasses

企業で働く

障害者求人のトレンド

少子高齢化社会が進み、若い労働力人口が今後不足していくことが予測されますが、そんな中で障害者の雇用はより重要課題となっていくことと思われます。障害者の中には、条件によっては健常者と同等か、それ以上の能力を発揮できる人材も眠っています。 働くことを希望する障害者が増加している中、障害者求人のニーズも高まっています。法律で、企業には一定割合以上の障害者を雇用する義務があり、その法定雇用率を満たせてない企業にはペナルティが課されます。しかし現状としては、まだまだ求人の数が不足しているようです。 障害者も健常者と同等の生活をするべきだというノーマライゼーションの考え方が広まっています。しかし、障害者求人の数はまだまだ足りず、賃金も健常者と比べて低いのが現状です。このような障害者求人の不足、低賃金といった問題は今後改善されていくべきですね。

障害者求人の利用法

障害者求人には、一般企業から出ている求人、A型事業所の求人、B型事業所の求人があります。一般企業から出ている求人は、ハローワーク経由で出されているので、ハローワークに申し込みをします。一般企業の障害者求人は、最低賃金の保証もあります。 A型事業所の求人も、ハローワーク経由で出されている場合が多く、その場合はハローワークに申し込みます。病院や施設からの紹介だったり、直接申しこむ場合もあるようです。A型事業所の求人は、「一般の事業所で働くことが困難」という条件を満たした障害者が働くことができます。事業所と雇用契約を結んで働き、最低賃金の保証もあります。 B型事業所は、「雇用契約を結んで働くことが困難」という条件を満たした障害者が働くことができます。事業所と雇用契約は結ばずに、自律に向けた支援を受けることになり、最低賃金の保証はありません。ハローワークから求人が出ている場合や、病院や施設からの紹介、事業所に直接申し込む場合などがあります。

Copyright© 2015 求人を探すときはネットなどの情報網を駆使しよう All Rights Reserved.